なぜ生きる

今年も折り返し地点を過ぎました。
まさに光陰矢のごとし、
一生過ぎやすしと思わずにおれません。

浄土真宗親鸞会でお聞きした「なぜ生きる」
ということについて、少しお話ししたいと思います。

「なぜ生きる」ということは、すべての人の問題、
人類永遠のテーマです。

何のために生きるのか、ということです。
すべての人は生まれた時に海に放り出されたようなもの。

どこに向かって泳ぐのか、
泳がなければ沈んでしまう。泳ぐ方角がハッキリしていなければ
一生懸命泳いでも目的地に着くことなく、やがて力尽きて
海に沈んで土左衛門になってしまいます。

どこに向かって泳ぐのか、ということと同じように
私たちは何のために生きるのでしょう。

それがなぜ生きる、ということです。

それぞれ皆さん生きる目標、
これに向かって生きている、
というものがあると思います。

小学生のころ、マンガが好きで、
マンガ家になりたいと思ったものです。

マンガを書くために必要な筆や
特殊なペンを買いそろえて、毎日絵を描く
練習をしていました。

また、高校生になると、分かりやすく教えてくれる
数学の先生にあこがれて、数学の教師目指して
勉強しました。

このように、その時、その時、
目標としているものがあって、それに向かって
生きている人が多いのではないでしょうか。

仕事をするために生きているんだ、という人も
あるでしょう。

マイホームを建てるのが夢だ、という人。

旅行をして、美味しいものを食べる、温泉につかって
ゆっくりするのが喜びだ。

子供の成長が楽しみで生きている。

ノーベル賞がほしい、オリンピックで記録を作るために
生きている、という人もあると思います。

お金がたまるのが楽しみ、という人もあります。

私たちはこれらのことをするために人間に生まれて
きたのでしょうか。

これらのものをすべて手に入れたと言っていいほど、
成功したあの豊臣秀吉は次のように言っています。

おごらざる者もまた久しからず、
露と落ち、露と消えにし我が身かな、
難波のことも夢のまた夢

こう言って、秀吉は寂しく死んでいきました。

仕事も日本を統一するという事業を成し遂げた。
大阪城という大きな家を建てた。

日本中、好きな所へ行き放題です。
日本中の美味しいものを集めて食べていたに
違いありません。

日本中の金という金を我がものとした。
これだけやった秀吉が死んでいくときに
「夢のまた夢」だったと言って死んでいるのです。

私たちがこれがあったら幸せだと
目標にしているものすべてを手に入れた
あの家康も、

人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し

と言っています。

重荷とは苦しみのこと。死ぬまで苦しみ続けであった、
と言い残しています。

人生は苦しい、だから自殺する人も多いです。

お釈迦さまは自殺は愚かなことである、と教えられます。

キリスト教では神に対する反逆である、ということで
悪、と言う。

仏教では、どう教えられているのか、
蓮如上人という方は、次のようにおっしゃっています。

八万の法蔵を知るというとも
後世を知らざる人を愚者とす、
たとい一文不知の尼入道なりというとも
後世を知るを智者とす、といえり。

後世とは死んだ後の世界、これは私たち100%確実な
未来です。その未来が分からないで自殺する人、
後生が分からない人を愚者と言われている。

それはそのまま、
なぜ生きるか、どこに向かって生きているのか、
分からない、ということ。

なぜ生きるが分からないということは、
人間になぜ生まれて来たか分からない、ということに
他なりません。

人間に生まれた本当の意味が分からない、
ということです。

お釈迦さま人間に生まれたことを
喜ばねばならない、と

「人身受け難し今已に受く」

と仰有っています。

人間に生まれてきてよかった、この身になるために
生まれてきたのだ、という生命の歓喜がある、
と教えられています。

ではその身になるにはどうすればいいのか、
続けてお話ししたいと思います。

つづく

Posted by gokigenyo